学校紹介 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 海外女子を応援する学校紹介

渋谷教育学園幕張中学校・高等学校

 

 開校以来30年に渡って、帰国生を受け入れてきた本校。海外で培った多様な文化と価値観を生かしつつ、日本の文化と価値観を吸収し、多角的に物事を捉えられる能力を育成し、国際人としての資質を養います。
 また、学校生活や学業面で不安や疑問を持つ帰国生に対する相談窓口を設けており、帰国生の過ごしやすい環境の整備にも取組んでいます。
  「英語」においては、もともと高いレベルを保持している英語圏の現地校やインターナショナルスクール出身者などを対象に、中1〜高3までの6年間、一般生とは異なる特別授業を20名前後の少人数制で実施しています。同授業では、英語圏で使用されている教材を使用しながら、ディスカッションなどを多用。実践的な英語力を伸ばす授業を展開しています。結果、日本だけでなく海外の難関大学進学にも十分に対応しうる学力を身につけられるようになっています。そのほかの教科でも、共同作業などを多く取り入れた授業を展開し、一般生とともに主体的に学んでいます。
 こうした教育の成果は、『高校模擬国連国際大会(毎年、アメリカ・ニューヨークで開催。世界各国の代表が参加)』に、本校の生徒が日本代表6校6チームの一員として、過去10回の大会中7回派遣されたことにも表れています。特に2010年と2012・17年は「優秀賞」、2014年は日本初となる「最優秀賞」を獲得しました。
 また、本校は国際的に開かれた学校であり、東京大学とハーバード大学との交流プログラムへの参加や、世界各国・地域からの留学生の受け入れなども積極的に行っています。