学校紹介 関西学院大学 海外女子を応援する学校紹介

関西学院大学

 

大学の使命としてのグローバルリーダー輩出を

 2017年4月、本学は副専攻として「国連・外交プログラム」をスタートさせました。同プログラムは、文部科学省から「スーパーグローバル大学創成支援事業」として採択を受けた、本学の「ブローバル・アカデミック・ポート」構想における5本柱のひとつ「国連・国際機関等へのゲートウェイ創設」を具現化したもの。国連をはじめとした国際機関職員や外交官として、世界の公共の場で活躍するために必要な高い専門性と、さまざまな能力を身に付けることを目標としています。
 大学院でも、同じく2017年度に「国連・外交コース」を開設。希望する研究科に所属しつつ、副専攻として国連・外交に関する専門的な知識を、日本にいながらすべて英語で学べるコースとなっています。
 本学と国連との教育交流の歴史は長く、1997年の国連本部での学生研修開始に始まります。その後も、アジア初の国連ユースボランティア学生派遣開始(2004年〜)、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と連携した難民入試の導入(2007年〜)、「国連ユースボランティア」派遣日本訓練センターの開設(2013年)、UNDP(国連開発計画)・UNFPA(国連人口基金)との連携協定締結(2016年)など、数多くの実績・成果を残してきました。そのため、国連など国際機関で活躍する人材の輩出は、本学の使命のひとつであり、本学だからできる国際貢献の在り方だと捉えています。

 

大学副専攻「国連・外交プログラム」

 副専攻「国連・外交プログラム」は、世界の公共の場で活躍するリーダーに必要な能力を身に付けていくプログラムです。どの学部、どのキャンパスにいても参加できる「全学プログラム」で、所属する学部で専門性を高めながら、国連ユースボランティアをはじめとする海外プログラムに挑戦し、若いうちから国際的なセンスを自然に身に付けられるものとなっています。本学は、国連・国際機関、外交関連組織、国際協力機構(JICA)や国際NGOなど、多くの国際機関と強いパートナーシップを持っています。そのため、本プログラムは、本学がこれまで構築してきたこれら機関との国際プログラムを有機的に結びつけた内容で展開されます。教授陣は全学で連携し、国際的なキャリアを長く積んだ担当教員が指導します。将来、「国際社会で活躍してみたい」という希望を持つ学生を、強力にバックアップしていきます。

 

大学院副専攻 「国連・外交コース」

 国連をはじめとする国際機関で活躍する人材輩出を目的としたコースです。希望する研究科で主専攻を深く修得しつつ、副専攻として国連職員採用基準(国連コンピテンシーフレームワーク)に沿ったカリキュラムが学べるようになっています。国連で働くためには、修士号の取得とともに、国際機関での業務遂行に求められる専門分野の職務経験を積む必要があります。このキャリア支援のために、本学は外部機関と連携して「関学国際機関人事センター」(外務省国際機関人事センターと連携)と「国連グローバルコンパクト支援関学センター」(国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンと連携)を開設。両センターが修了生一人ひとりの目指すキャリアをきめ細かく長期的にサポートしていきます。