帰国の準備 住まいの準備、今から始めてみませんか?

住まいの準備、今から始めてみませんか?

海外からの引越し

事前の情報収集が成功のカギです。

引越し、それも帰国に従う「海外からの引越し」となると、日本国内間の引越しとは勝手が違います。海外からの引越しは煩雑で、たとえ経験していても戸惑いがちだと聞きます。初めてならなおさら、何から手をつけていいかさえ分からないかもしれません。
引越しをスムーズに行い、日本で快適な生活を始めるためにも、事前に作業の流れやポイントを把握しておくことは必須です。そこで、基本的な手順や注意すべき点など、知っておくと便利な情報をお届けします。

海外からの引越しスケジュール
業者へ連絡する

帰国が決まったら、できる だけ早い時期に引越し業者へ連絡を入れ、下見日を決定したい。 日本国内の引越しとは比べものにならないくらいさまざまな作業や事務手続きが発生するのが海外からの引越しだ。 一般的には、約2カ月前から準備をスタートさせれば、ある程度時間的に余裕のある引越しが可能とされている。 スケジューリングにあたっては、日本での荷物の通関は本人が帰国してからになることも覚えておきたい。下記の船便や航空便などでのだいたいの所要日数を把握し、帰国日や日本の住居への入居予定日などをもとに逆算すれば、おのずと全体の大まかなスケジュールも見えてくるだろう。
引越し業者の選定にあたっては、当然ながら信頼のおける業者を選ぶことが大前提。 会社と契約している業者がないなどの場合は自ら選定することになるが、すでに経験のある先輩、知人などの情報をぜひ参考にしたいところ。 また、海外からの引越しで発生する煩雑な作業を考えると、現地国の業者より、できれば現地に法人がある日本の業者に依頼したほうが安心できるはずだ。

 
荷物を選別する

下見日までに、何をどの方法で持ち帰り、処分するかといった荷物の選別をして、部屋ごとにまとめておくと、より正確な見積もりが期待できる。

携帯品として持ち帰るもの
出発直前・直後に必要なものや貴重品がこれにあたる。 パスポート、航空券、宝石、貴金属、高価な装身具、証券、預貯金通帳、ノート型PC、代替不可能で大切なものなど。

航空便で送るもの
帰国直前まで使用するもの、帰国後早くに必要なもの(洋服など)が当てはまる。 また、チェックイン時に預けられる「受託航空手荷物」は、制限範囲内なら無料。

船便で送るもの 家具など重量が重く、容量が大きいものや、帰国後すぐには必要ないものを送る。 2回に分ける場合、1便で全体の約80%を送り、2便には帰国前1カ月に必要なものを残し、帰国の2、3日前に出す。

譲渡・売却・廃棄するもの 大きすぎる家具など日本の家屋には不向きなもの、仕様の違う電化製品などは、できるだけ早い時期に後任や知人に譲るか、新聞やHPで告知して売却したい。 庭でガレージセールを開くのもひとつの手だ。引越し業者のHPで案内している場合もある。 廃棄は最終手段として考えたいところ。

 
下見・見積り依頼

下見の際は、荷物を見てもらうと同時に、今後のスケジュールや会社の規定量と実際量との調整法など、疑問点を打ち合わせ・相談しておく。 2社以上から見積もりを取る場合は、下見後に見積もりが届いたら、料金の安さだけでなく、サービス面なども考慮して引越し業者を最終的に決定したい。

 
荷造りをする

荷造りや梱包は引越し業者にすべて任せることも可能だが、自分でする場合は以下の手順を参考に行う。

荷造りの手順
1. 段ボールを用意する
船便は、段ボール箱をまとめたものを強化段ボール(トライウォールなど)で囲って梱包し、輸送する。 サイズの違う段ボール箱を使うと、外枠内に無駄な空間ができることで料金直結の全体容積が増える上に、強度も損なわれてしまうため、なるべく同じサイズを業者に注文して揃えたい。 その際、壊れ物の梱包に必要なエアークッションももらっておくと便利だろう。

2. 段ボール箱に詰める
種類・目的別など関連するものをなるべくまとめて詰める。 壊れやすいものは必ずひとつずつ十分に包んでから収めよう。

3. 箱に通し番号を記入
段ボール箱に氏名、目的地、壊れ物の場合は“取り扱い注意”の文言を記入して、「一番」からの通し番号を書く。 箱に荷物の種別も書いておくと、開梱する時にとても便利。

4. 梱包明細書を記入
段ボール箱に通し番号を記入する際、一緒に梱包明細書も記入しよう。 通関と貨物輸送保険を手配する正式書類なため、正確な記入が求められる。 通関の際、記入した以外のものや免税範囲を超える荷物が入っていた場合は、課税や申告漏れの罰則の対象になる。

 
引き取り日当日

荷物や日本で必要になる書類の書き方などを最終確認。 引越し業者に荷造りを依頼した場合は、業者の梱包を確認して梱包明細書を記入。保険も業者指定の用紙に記入する。 また当日までに購入した新品のレシートコピーは業者へ渡しておく(引き取り日以降は各自で保管)。

 
帰国日当日の手順

日本へ向かう機内で「携帯品・別送品申告書」が二通配られるので、両方に同じ内容を記入しておく。 日本の空港に到着したら、手荷物検査のところでその二通を提出し、戻ってきた一通と帰国印のあるパスポートのコピーを空港内に設けられた「別送品申告書受付カウンター」に提出する。 多くの引越し業者は空港内の到着ロビーにカウンターを設置している。 また、カウンターでは通関手続きなどに必要なもの・書類を預けるとともに、必要書類をもらう。 空港内にカウンターを設けていない業者の場合は、後日郵送での対応になる。

通関に必要なもの・書類

  • パスポート(コピー)
    海外でパスポートの再交付を受けた場合は、旧パスポートも必要になる。
  • 携帯品・別送品申告書
  • 梱包明細書
  • 購入品のレシート(コピー)
  • スーツケースの鍵
    鍵をかけた場合は、内容品チェックのために必要になる。
  • その他の書類
    規制対象のものを輸入する場合、検査証明書や輸出許可証など
 
荷物を受け取る

通関後、別送品で送った荷物が到着する。荷物が届く前に、大まかな家具の配置を決めておくと搬入時の手間が省けるだろう。 ハウスクリーニングも必要に応じて行うとよい。 また、当面必要としない荷物がある場合は、専門業者(引越し業者が紹介してくれる場合も)のトランクルームを利用するのも一案だ。 荷物を開梱する際は、破損や損傷などがないかをしっかり確認しておこう。 開梱後、いらなくなった空き箱は、引越し業者が後日回収にきてくれることが多い。

 

各国・各都市から日本までの船便&航空便のスケジュール目安

国・都市によっては、通関の際に検査手続きを必要とする品目(食品、新品の電化製品など) が設けられており、そうした物を送る場合は当然日程が遅くなる。 また天候などの諸事情によっても日程と大きくずれる可能性もある。あくまで目安として把握しておきたい。

国名都市船便航空便
アメリカ アメリカ ロサンゼルス 40日〜45日 10〜15日
シカゴ45日〜55日
ニューヨーク 55日〜65日
アメリカ イギリスロンドン 60日〜70日
ドイツ ドイツデュッセルドルフ 65日〜75日
中国 中国上海25日〜30日
香港25日〜30日
タイ タイバンコク 35日〜40日
シンガポール シンガポールシンガポール25日〜30日
オーストラリアメキシコ メキシコシティ 45日〜55日
 

引越し荷物の算出方法

帰国時に引越し費用を負担する会社の多くでは、制限を設けていることが一般 的。送ることのできる容積、重量などは会社によりまちまちなので、事前に確認 しておきたい。荷物の算出方法は、船便と航空便で異なる。会社で出される費用 内で引越しをするのであれば、船便は荷物の容積で、航空便は重量で算出されることをふまえ、実際の容積や重量を会社規定範囲内でおさめる工夫をしたい。

船便

容積には、NET容積とGROSS容積があり、M3(立方メートル)またはCFT(立方フィート)で算出。

NET 容積…内装梱包容積ともいい、自宅でカートンなどに梱包した大きさのことを指す
GROSS 容積…外装梱包容積ともいい、(引越し業者が)引き取ったカートン類をひとまとめにして強化段ボールなどに梱包した大きさのこと
※1M3(約35CFT)は、事務机1個が目安
※外装梱包は、内装梱包に対して2、3割増しが目安

航空便

重量には実重量と容積実量があり、Kg(キログラム)で算出。

実重量とは、実際の重さ
容積実量は、梱包した荷物の重さから算出
算出方法=(縦)cm×(横)cm×(高さ)cm÷6000
実重量と容積実量のどちらか大きい方の重量が基準となる

梱包明細書の記入例

荷物には、輸入通関と保険を手配するために梱包明細書(パッキングリスト)の作成が必要。

記入例

  1. 内装梱包番号 荷物の番号を1から順に記入
  2. 品名・数量・保険金額
    * 品名は、できる限り詳しく記入
    * 1カートン内に品名が同じになるものがある場合でも種類が異なる場合は、品目の種類ごとに行を改めて記入
    * 同カートン内に特に高価な品物がある場合は、行を改めて記入
    * 酒、たばこなどは、免税の範囲を超えた場合に税金がかかるため、種類・容量・本数を正確に記入
    * お土産は、内容(民芸品・置物など)を詳しく記入
  3. 合計金額 各ページごとに記入する
  4. 総合計金額 最終ページにみに記入
  5. 署名 各ページごとにサインする
※資料提供:日本通運(株)

 

海外引越しこぼれ話

Q.プロならではの特別な梱包方法ってありますか?
A.アメリカなどからお引越しをされる方などは「レースドール」を持ちかえる方が結構いらっしゃいます。レースドールは少し手が触れただけでも非常に傷つきやすいので、人形の形状にもよりますが特別な梱包をさせていただくことが多いですね。具体的には、レースドールを箱の中で宙づりにするんです。箱の四隅に紐をつけて、レースドールの腕など引っかけられるところに引っかけていきます。また、卵を使った美術作品「エッグアート」などもフワフワのもので慎重に包んでいきます。

Q.現地(アメリカ)で買った車を処分したいけれど、どうすれば良いの? 注意点も教えて!
A.車の売却をする際にまず確認していただきたいのが、権利証(Certificate of Title of a Vehicle)が手元にあるかどうかです。 購入してしばらく経つと、どこにしまっておいたか忘れてしまうこともよくあるようです(または「そもそも何それ?」という場合も)。
権利書とは、州によって書式は違いますが、その車の所有を証明するもの。 購入後に陸運局(Department of Motor Vehicle)から直接送られているか、登録時にもらっているはずです。 万が一紛失してしまった場合は、陸運局にて再発行することができますが、取得に要する期間は州によって違いますので事前に確認されることをお勧めします。 売却には大きく分けて業者に売る場合と、個人に売る場合とがありますが、それぞれのメリット&デメリットを把握しておきましょう。

業者に売却&個人に売却、メリットとデメリット

【業者】

個人に売る場合と比べると、販売価格は安くなるケースが多い。 ただ、販売確約後も帰国日ぎりぎりまで乗ることができるサービスや、ナンバープレートの返却など面倒な手続きを代行してくれる業者もあり、楽で安心に車を売ることができる。

【個人】

業者に売るより高く売れるケースが多いが、陸運局での登録手続きをはじめ煩雑な手続きは当然すべて自分でやる必要がある。 また引渡し直前に相手が心変わりしてキャンセルされたり、車両代金のやりとりなど、慣れていない場合には大変面倒な方法でもある。

 

私の引越し体験記

引越し前の“ガレージセール” は絶対におススメです
苦労したことは、荷物の仕分け。別送品は船便2 回、航空便1 回に分けましたが、何をどの便にするのか考えるのは頭が混乱して大変でした。結局、船便の着くタイミングでその季節に必要な衣類を十分に揃えられなくて…。一番の良い思い出は、家でやったガレージセールです。出品したのは、日本では使えそうにない大きな家具や、庭用のおもちゃ、子どもが成長して着られなくなった洋服、車など。あとは和風食器や日本食材(お蕎麦など)も出したのですが、それらが飛ぶように売れたのには驚きました。近所や学校のお友達がお別れの挨拶がわりにたくさん来てくれて、「やって良かった」と思いました。子どもたちも各種ソーダなどを売るお店を出したりして楽しんでいました。

(3girls さん Move from アメリカ)

日本へ持ち込む際の注意点

輸入免税について
船便や航空便で送った荷物や携帯品は、次のような条件を満たせば、免税扱いになる。

  • 携帯品・別送品(船便や航空便)の申告を行っていること
  • 帰国(入国)から六カ月以内に輸入すること
  • 税関から個人的に使用すると認められたもの
   ※土産物など新品の場合は、上記で記載された範囲内であれば免税となる。
免税の範囲(成人一人当たり)
品名 数量又は価格 備考
酒類 3 本 1本760ml 程度のもの。
たばこ 「紙巻たばこ」のみの場合 200本(日本製)
200本(外国製)
外国に居住している人は免税範囲が2倍になります。
「葉巻たばこ」のみの場合 50本
その他の場合 250g
香水 2オンス 1オンスは約28ml(オーデコロン、オードトワレは含まれません。)
その他の品目 その他のもの 20万円(海外市価の合計額) 1. 合計額が20万円を超える場合には、20万円以内におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税されます。 税関は、旅行者の皆さんに有利になるように、免税となる品目を選択の上、課税します。
2. 1個で20万円を超える品物、例えば、25万円のバッグは25万円の全額について課税されます。
3. 1品目ごとの海外市価の合計額が1万円以下のものは、原則として免税となります。(例えば、1コ1,000円のチョコレート9コや1本5,000円のネクタイ2本は免税になります。)

※携帯品と別送品がある場合は合算。未成年の場合の酒類とたばこは免税にならない。 6歳未満の子は、おもちゃなど明らかに本人使用と認められるもの以外は免税にならない。 (注)「海外市価」とは、外国における通常の小売購入価格のことをさす。 なお、円貨換算は定められた公示レートにより行われる。

簡易税率が適用されるもの
品名 税率
1. 酒類
 (1)ウィスキー、ブランデー
 (2)ラム、ジン、ウォッカ
 (3)リキュール、しょうちゅうなど
 (4)その他のもの(ワイン、ビールなど)
600 円/リットル
400 円/リットル
300 円/リットル
200 円/リットル
1. その他の物品(関税が無税のものを除く) 15%
(たばこ税及びたばこ特別税)紙巻たばこ 1 本につき11 .5円

※腕時計、ゴルフクラブ等関税がかからない品物には消費税及び地方消費税がかかります。 ※ただし、次のようなものは簡易税率が適用されず一般の関税と消費税等がかかります。 また、米については納付金の納付が必要となります。
1. 1個又は1組の課税価格が10万円を超えるもの
2. 米
3. 食用ののり、パイナップル製品、こんにゃく芋、紙巻たばこ以外のたばこ、猟銃
4. 簡易税率の適用を希望しない旨を税関に申し出たときは、旅行者が携帯し、または別送して輸入する品物の全部など。

注意を要する品物
荷物によっては、特別な手続きや検疫の必要があるので要注意。

特別な手続きが必要なもの
  • 米 … 年間100キログラムまでは免税。植物検疫、食糧事務所への届け出が必要。
  • 医薬品 … 1人当たり2カ月分以内、外用済は1品目24個以内であれば手続きは不要。毒薬、劇薬又は処方せん薬は1カ月以内。
  • 化粧品 … 1品目24個以内であれば手続きは不要。
    ※医薬品、化粧品は右記数量を超えた場合、厚生労働省の手続きが必要。
  • 医療用具 … 家庭用1セットのみであれば手続きは不要。使い捨てコンタクトレンズは2カ月以内。
  • 狩猟・刀剣・空気銃など … 公安委員会の所持許可を受けるなどの所定の手続き後でなければ輸入できない。
動・植物検疫の必要なもの

税関検査の前に動植物カウンターで必ず検疫を受けること。輸出国政府機関より発行された検査証明書が必要。

<動物検疫が必要なもの>
動物・骨、卵、脂肪、血液、皮、毛、羽、角、蹄(ひづめ)やこれらの加工品(ハム、ビーフジャーキーなど)
<植物検疫が必要なもの>
果物・切り花・野菜・米(米粉を含む)や植物の種子・殻のついたアクセサリー・松かさなどを使ったクラフト品・ドライフラワーや生木の彫り物・チューリップなどの球根類
※病害虫が発見されると、消毒または焼却処分になる。
輸入が禁止されているもの

1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤及びあへん吸煙具
2. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
3. 爆発物
4. 火薬類
5. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第二条第三項に規定する特定物質
6.感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第六条第二十項に規定する一種病原体等及び同条第二十一項に規定する二種病原体等
7. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
8. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
9. 児童ポルノ
10. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
11. 不正競争防止法第二条第一項第一号から第三号までに掲げる行為を組成する物品

ワシントン条約で規制されているもの

ワシントン条約に基づき、規制の対象となったものを輸入するには、条約で定めた機関の発行する書類(輸出国の輸出許可証など)がないと輸入できない。

持ち込みが規制されているもの(代表例)
生きている動植物 サル類 サル全種
オウム類 オウム全種(セキセイインコ、オカメインコを除く)
植物 ラン全種、サボテン全種、ソテツ全種
その他 ワシ、タカ、リクガメ、カメレオン等
加工品・製品 漢方薬 じゃこう鹿、トラ、クマ、サイ等を含有する薬
毛皮・敷物 トラ、ヒョウ、オオカミ等
ベルト、財布、ハンドバッグ等 ワニ全種、ヘビ(一部)、ゾウ(一部)、ダチョウ(一部)、トカゲ(一部)、カメ(一部)等
象牙・同製品 インドゾウ、アフリカゾウ
はく製 ワシ、タカ、ワニ全種、ゴクラクチョウ等
その他 チョウ(一部)の標本、サンゴ(一部)の製品等
参考HP
カスタムス・アンサー

ペットの帰国

犬&猫の輸送について

指定地域以外の地域(表1)から輸送する場合の手順は次の通り。なお、指定地域(表1)からの輸送には手順2・3・4は必要ない。また、必ず直行便で輸送する。

1…マイクロチップを埋め込む
国際標準規格(ISO)11784または11785に適合するものを動物病院で埋め込む。

2…狂犬病の予防注射を打つ
2 回以上接種する(1回目… 生まれた日を0日として生後91日以降。2回目…1回目の接種を0日として、その日から30 日以上間隔をあける。かつ1回目の狂犬病予防注射の有効免疫期間内)。接種するワクチンの種類は、不活化ワクチン(inactivated / killed virusvaccine)または組換え型ワクチン(recombinant / modified vaccine)。 生ワクチン(live vaccine)は認められていない。

3…狂犬病の抗体価検査を受ける
狂犬病に対する免疫を獲得できたことを確認するため、2回目の狂犬病予防接種後に採血を行う(同日可)。基準をクリアしない場合は、一定期間をおいての再検査が必要。

4…180日以上、待機
抗体価検査の採血日を0日として、日本到着まで180日以上待機する。日本到着のスケジュールは、「狂犬病予防注射の有効免疫期間」、「狂犬病抗体検査の有効期間(採血日から2年間)」に組む。

5…日本到着の40日前までに届出
日本到着の40日前までに、到着予定の空・海・港を管轄する動物検疫所(表2)に、輸送予定などを届ける。届出は、動物検疫所のHPからダウンロードした申請書をFAXまたはEメールでするか、NACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)システムを通じてインターネットで行う。

6…出国直前に臨床検査を受ける
出来る限り出発2日以内に、狂犬病・レプトスピラ病(猫は狂犬病のみ)にかかっていないか、その疑いがないか、民間獣医師または輸出国政府機関の獣医官による臨床検査(輸出前検査)を受ける。

7…輸出国発行の証明書を取得
滞在地の日本の動物検疫所に相当する機関に証明書を発行してもらう(表3)

8…到着後、輸入検査を受ける
日本に到着した後、動物検疫所で輸入検査申請を行う。輸入検査で問題がない場合、輸入検疫証明書が交付され、輸入が認められる(輸入条件を満たしていない場合や証明書に不備がある場合は係留検査を受ける)。

表1
指定地域
(農林水産大臣が指定している狂犬病の清浄国・地域)
指定地域以外
アイスランド、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー諸島、ハワイ、グアム 上記の指定地域を除くすべての国・地域
(2016年12月時点)
表2
指定地域から輸送の場合 指定地域以外から輸送の場合
● 犬・猫の個体情報(生年月日または年齢を含む)
● マイクロチップの番号、埋め込み年月日
● 在住に関する規定について
● 輸出国において、輸出前過去2年間狂犬病の発生がなかったこと
● 輸出前検査(臨床検査)の結果、検査年月日
● 輸送ケージ(使う場合)の封印(シール)番号
● 犬・猫の個体情報(生年月日または年齢を含む)
● マイクロチップの番号、埋め込み年月日
● 狂犬病予防注射の接種年月日、有効免疫期間、予防液の種類、製品名、製造会社名
● 狂犬病抗体検査の採血年月日、抗体価、指定検査施設名
● 輸出前検査(臨床検査)の結果、検査年月日
表3 主要な空・海・港を管轄する動物検疫所一覧
動物検閲所:http://www.maff.go.jp/aqs/