教育の準備 基礎知識と海外滞在時から始める準備

vol.2

私立中学校への入学&編入学

帰国後の選択肢として高い人気を誇る私立の中学校(多くは中高一貫校)。人気校ほど、入学競争は熾烈です。いざ帰国となってから慌てないよう、滞在中からしっかり準備を始めておきましょう。

基礎知識

受け入れ方針

帰国生の多くが受験するのは、「帰国生の受け入れ体制」を持っている学校。その方針は大きく3つに分かれる。
(1)海外に長く滞在していた帰国生を対象に、学習のフォローや日本の学校生活への適応指導をする
(2)帰国生が持っている外国語能力や海外経験で得た特性などに期待し、その能力を伸ばす。
(3)国際理解や外国語教科の推進役として帰国生に期待するが、あえて特別扱いはしない。
(1)や(2)の場合、帰国生だけでクラスが構成されていたり、特定の教科(主に「英語」)を帰国生(またはその教科において優秀な者)のみで学ぶ、取り出し授業があることも多い。(3)は、一般生と同じクラス・カリキュラムで指導する。

 

出願資格・条件

入学、編入学試験ともに、帰国生として受験する場合の出願資格・条件の代表例は下記の通り(代表例)。

(1) 海外での学校種別

海外で外国の学校教育を受けた者。在籍校が日本人学校のみの場合、帰国生としての受験が認められないこともある。

(2) 海外(継続)滞在年数

一番多いのは「2年以上」だ。「1年以上」という学校もある。

(3) 帰国後の経過年数

多くは「帰国後1年〜3年以内まで」で、地域や学校によってさまざま。海外に滞在していた年数によって経過年数を変動させるなど、細かい規定を設けている学校も。

 

ただし、こうした規定を完璧に満たしていなくても、近ければ柔軟に対応してくれる学校もある。規定を滞たしていない場合でも、すぐにあきらめずに、まずは直接問い合わせてみることをおすすめしたい。

 

選考方法

●入学試験

帰国生として受ける試験。その選考方法は以下の3つに大別される。

(1) 別日程の特別試験を実施

一般入試とは別に、帰国生入試「専用」の日程・内容で行われる。
選考内容で多いパターンは、「国語、算数」の2教科、または、「国語、算数、英語」の3教科の教科試験に、「面接」や「作文」を加わったものだ。
また、数は多くないが、教科試験は「英語」の1教科のみ、「教科試験は行わない」という学校も。その場合、「作文」と「面接」、もしくはどちらか1つが課されることが多く、ときには「適性試験」が行われる。

(2)合格基準を特別に設定

一般入試と同じ日程・内容だが、選考にあたっては、帰国生であることに配慮がある(合格基準点を低めに設定するなど)。

(3)一般入試とほぼ同一

帰国生枠自体はあるが、一般入試とまったく同じ日程と内容で実施される。合格基準に関しては、多少の配慮がある。

●編入学試験

編入学試験の多くは、以下の方法で選考される。

(1) 3教科(国語、数学、英語)+面接

主流パターン。これに「作文」が加わることもある。

(2)英語(教科試験やエッセイなど)+面接

英語圏の現地校やインターナショナルスクールに通っていた生徒、つまり「英語による学校教育を受けてきた生徒」を意識した内容で行う。 TOEIC®など外国語能力試験のスコアを評価の対象にする学校もある。

 

時期と募集人数

●入学試験

【時期】

多くは2月の一般入試に先駆けて「11月」から始まり、「2月中旬(ごく数校は3月)」まで続く。中学段階の帰国生入試の場合、受験の1、2年前に帰国して、受験準備をしている子どもも多くいる。保護者がサポートする部分も多く、 綿密なスケジューリングが“肝”となるだろう。

【募集人数】

「定めず」、「若干名」というように明示しない学校が多い。

 
●編入学試験

【時期】

「9月編入」に向けての1学期末(7〜8月頃)と、「4月編入」に向けての3学期末(3月頃)に集中している。  

また、数は少ないが、「1月編入」に向けて2学期末(12月頃)に実施したり、試験を「随時実施」してくれる学校もある(実際の編入時期は、「随時」や、「学期の開始から」とさまざま)。 ただし、編入学試験は「欠員募集」であることが多いため、実施されない年度もある。また、実施することが決まったとしても、募集要項が募集時期ギリギリにならないと決まらないことも多い。

たとえば、9月編入用なら、6月頃に出願書類を入手し、7月に試験を受けるという具合だ。対策としては、とにかく日頃から志望校を調査しておき、帰国のタイミングが突然来てもすぐに動けるようにしておくことだろう。また、公表は していなくても、個別に相談すれば特別に実施してくれることもある。

【募集人数】

「欠員分」、「若干名」など明示しない学校が大半だ。一定人数を各学年で定期的に募集する学校はかなり少ない。また募集学年は1、2年生が主で、3年生を対象にする学校は極めて少ない。

 

滞在時からの準備

情報収集

滞在中に早めにしておきたい準備の筆頭が、志望校の選定だ。受ける試験が入学試験にせよ、編入学試験にせよ、子どもに合った学校を子どもと一緒にリストアップしておくことは、保護者の大切な役割だろう。

 

【代表的な志望校の探し方】

  • インターネットで総合&学校独自のサイトを閲覧。
  • 海外から受験関連の情報誌を入手。
  • 海外にある「日本の受験塾」で情報を入手。
  • 海外の大都市をメインにして行われる、日本の学校の(合同)説明会に参加。
  • 一時帰国などを利用して、日本で行われる「学校説明会」や「入試説明会」に参加。
  • 一時帰国時などに、文化祭などの学校行事を見学。
  • 各学校に直接電話やメールで問い合わせる。

学習の準備

<教科試験>

対策は、選考方法に沿って行うのが効率的だ。

 
●入学試験

帰国生試験専用に、「国語」、「算数」(理科、社会)が出題される場合、問題の多くや合格基準は「一般入試の基礎的なレベル」だ。それを念頭に置き、学習を進めておきたい。  “一般とほぼ同一”で実施・選考されるなら、国内生と同様、通信教育や進学塾を活用するなど、さらなる対策が必要だ。  「外国語(英語)」が出題される場合は、概してレベルが高い。入手できれば過去問題や高校の参考書を使って学習を進めるのも手だ。また、教科試験が「外国語(英語)のみ」であれば、難易度はさらに高い。外国語能力試験などの問題集で、文法、語彙、読解力、文章作成能力などを強化しておく。

●編入学試験

基本的には入学試験と同じ対策で良いだろう。ただし、「試験直前の学期」で履修した範囲から出題されることが多いため、あらかじめ志望校の進度を確認しておきたい(私立校は総じて進度が早い)。「算数」が「数学」に変わることにも注意。

 
<作文>

使用言語は「日本語」または「外国語(英語)」。「外国語(英語)」の場合に注意すべきなのは、口語英語の力だけでは不十分ということ。文法や文章表現としての語彙はしっかり見られる。問題意識を持って自らの考えを決まった文字で記述する力をつけることも大切だ。

<面接>

使用言語は「日本語」が多いが、「外国語(英語)」の場合も。表現方法を学ぶほか、経験や考えを整理しておくとよいだろう。

  • 帰国子女・海外生のための学校紹介 動画版